2006年06月06日

モネちゃん、レベルアップする。

最近ルノ君はちょっとずつ「嫌いな食べ物」ができてきました。

もともと何でも食べる子だったはずなのに「○○嫌い」とか言ったりします。
ほとんどの場合が見た目だけで文字通りの"食べず嫌い"なんですが、最近どうやら小さなプチプチとした食感が好きではないらしく、前は大好きだったはずの子持ちシシャモや、子持ちエビが「卵」のせいで嫌いになったようです。

ケイロンは小さい頃給食が嫌いだったんで、子には何でも楽しく食べれるようになって欲しいのですが・・・・・。

さて、今日の本題はモネちゃんの粉ミルク嫌いの話。

そう。
とうとう、モネちゃんの粉ミルク戦争に終止符が打たれました。


前夜の決闘では20mlしか飲まなかったモネちゃん。ある意味「大いなる引き分け」を手にしたからか、今回は引くつもりは全くないようです。
これ以上1滴たりとも飲むものかっ!という強い意志が顔中から溢れています。
#物凄く嫌そう。。。
更には目からは涙まで溢れています。
#基本的に赤ちゃんは良く泣きますが、涙が出ないことが常。

クリスティナ「これだけ飲んだら、母乳あげるからねぇ」

といつものように「お預け攻撃」をしかけても、聞く耳もたず。お困りの様子。
そこで満を持して登場する伏兵ケイロン。

哺乳瓶を掴み自らの口元へ。

ケイロン「美味しい〜〜〜〜♪」

満面の笑みをモネちゃんに見せ付けます。
#もちろん実際に口に入れてるわけではありません。

予想外の事態にモネちゃんは「?」という感じ。

ケイロン「じゃあ、モネちゃんも飲もうねぇ」

と唇にチョンチョンとミルクをつける程度入れる。。。。嫌がらない。
哺乳瓶を再び口に入れ、、、、、嫌がらない・・・・・・?
飲み始めるまではいかないまでも、とりあえず口には入れてくれた(^^

これはいけるか!?と喜ぶ二人。

が、次の瞬間。
嫌がってます、嫌がってます、明らかに嫌がっております(><
舌を使って必死に哺乳瓶の乳首を押し出して抵抗してきます。
そしてそのまま泣きモードへ。。。

クリスティナさん「もう諦めていいかなーー。かわいそう・・・。
もう粉ミルクも(1缶)終わりそうだし・・・・。
モネちゃんに母乳あげれない状態なんてならないだろうし・・・・」

ケイロン「賛成です(;ー;」


ということで。
本当に悲しそうな顔して泣くモネちゃん。
その涙でようやく偉大な勝利を掴んだわけです・・・・・(;ー;

#パンパパッパッパッパッパッパーーーン(ファンファーレ)
#モネはレベルがあがった。
#モネは0歳にして『女の涙』を覚えた。
posted by ケイロンの中の人 at 00:07| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モネちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。