2006年08月15日

ケイロン、魚を捌く。

遅くなりましたが若狭の旅の続編です。


前回はたいしたオチも笑い所もないような話でしたが、まぁ、たまにはそんな日記もアリってことでお願いします。
というか、いつもオチてないし笑い所もないというツッコミは不可の方向で。


ということで、次の日。

話は、朝の民宿からスタートします・・・・。



宿のご主人さん「ケイロンさーーん」
ケイロン「はーーい」

宿のご主人さん「もう始まっちゃいましたよー」
ケイロン「えっ!?!?!」


ということで、慌てて近くの公民館まで宿のご主人さんに送っていただき、朝食作りに参加してきました。

なぜ朝食を自分で?
ってことですが、この宿泊権プレゼントにはもれなく漁業体験というのも付いてまして。希望者には早朝に船で漁に出て、自分達で朝食べる食材を取ってくるという体験ができたわけです。
もっともケイロン&クリスティナさんは朝は1秒でも寝ていたいので不参加でしたが(ぇ
#ルノ君が参加できるのであれば参加してたと思いますが、小さいので参加不可能でした。


で。
まぁ漁業体験はできなくても、取ってきた食材を調理する所からは一緒に参加しましょーってことを事前に言われてたんですが。
ケイロン一家は人様が早起きして取ってきてくださった食材をいただくにも関わらず遅刻したわけです(汗)

まぁ、そんな些細なことはさて置いといて(ぇ
調理開始と。


えと、生まれて初めて魚&イカを捌きました。
漁師さんが隣でやるのを見て、実際に自分でやってみる訳ですが。
なんだ簡単じゃーーん、これからは任せなさい♪ってな感じでした。
もっとも直ぐ側で教えてくれるのに出来なきゃ、もうアンタ一生無理だよって話でしょうが(^^;

#しかも今現在、まるっと覚えてないので、今後は一生無理。


ということで朝食の内容は、魚とイカの刺身の舟盛り、魚の塩焼き、魚の味噌汁と、朝から魚介フルコースな感じでした。
で「もう当分魚とイカの刺身はいいや」と思える程十分過ぎる量の新鮮な魚とイカを堪能。

朝から豪華に腹いっぱいとなり、幸せ一杯のスタートとなりました♪



ってことで、幸せな余韻に浸りつつ、民宿を後にしたわけですが、その話は、また後日。

posted by ケイロンの中の人 at 21:27| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケイロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。