2006年06月17日

ルノ君、帽子をかぶる。

ルノ君が保育園に行き始めて今年で2年目。
保育園では色んなことを学んできているようです・・・・いい事も、悪い事も。

まず一番最初の変化は、「戦いごっこ」が好きになったことかなぁ。
先生に広告丸めて剣を作ってもらって、家に持って帰って。
とーさんと戦うってのが日課だった日も(−−;;;
それはさて置き。


ある朝、ルノ君を保育園に連れて行く為に家を出ようとしていた時。
いつものようにカバンを肩にかけ、帽子をかぶり・・・・って。

続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 00:56| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ルノ君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ルノ君、しっかり者になる。

普段ケイロンの家では、モネちゃんはケイロンがお風呂にいれることが多いのですが、その日はクリスティナさんがモネちゃんをお風呂に入れてました。
でその間、ケイロンは本を読んでいたのですが。

クリスティナ「そろそろ上がるよー」

という合図でタオルを持って迎えにいくケイロン。
その様子を見ていたルノ君。
モネちゃんをタオルに包んで戻ってきたケイロンを待っていたのは、怒っているルノ君でした。

続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 12:14| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ルノ君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

ルノ君、三段論法で考える。

【三段論法】

論理学で、大前提・小前提および結論からなる間接推理による推論式。例えば、「人間は死ぬ」(大前提)、「ソクラテスは人間である」(小前提)、故に「ソクラテスは死ぬ」(結論)の類。

<大辞泉より引用>



普段家族でお出かけする時には基本的にケイロンが運転しているのですが、そんな運転中のケイロンにルノ君が突然話し掛けてきました。


ルノ「もっとスピード出してー♪
でも、パトカーがいたら、スピード落としてね♪」


クリスティナ「!?!?!?」



いきなり的を得た大人の事情(?)を、何事もないような口調でお願いするルノ君と、その内容にびっくりしたクリスティナさん。


「何てことを4歳児に教えているんだ」とツッコミが入る前に慌ててフォローに入ります。

ケイロン「自分が教えた訳じゃないよ(笑)」

と言いつつ、思い当たる節が。
ってことで、なんで突然ルノ君がこんなことを言い出したのかを説明し始めました。

続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 22:56| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ルノ君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

クリスティナさん、ポケモンになる。

最近ルノ君のお気に入りは、ポケモン。
今まで何本か劇場版のポケモンビデオ(短編の方)を借りたりしてたんですが。
先日、近所のビデオレンタル屋で半額セールをやってる時に、ファーストシーズンの1本目から借り始めました。
現在3本目まで借りて見てるんですが、一緒に見ているケイロンには昔のタイムボカンシリーズな敵役が懐かしい感じでした(笑)
登場時や退場時のアクションが、かなりリスペクト(?)されてるようです。
って、そんなことはさて置き。


そんなルノ君は当然、「ポケモンごっこ遊び」がブーム。
今日も配役割からスタートです。

ルノ「僕が、サトシ君でーー」 (※ サトシ君が主人公の男の子です)
ルノ「お父さんが、タケシ君でーーー」 (※ タケシ君は主人公の仲間です)
ルノ「お母さんが、ピッピ」

クリスティナ「ピッ!」


********************


(以下、ポケモン図鑑風?に紹介)

説明しよう。
ピッピとは「おつきみやま」に生息する妖精ポケモンで、この前ルノ君が見たお話のメインゲストキャラ(?)である。
他のポケモンと同様、基本的に話す言葉は数語のみで、ピッピの場合「ピ」などである。


********************



ということで、以下、サトシ君とピッピの会話。

サトシ「ピッピ、一緒に遊ぼうーー?」
ピッピ「ピ!」

サトシ「何して遊ぶ?」
ピッピ「ピピピッピ、ピッピピ!」

サトシ「何?」
ピッピ「ピピピッピ、ピッピピ!」

サトシ「分からなーいーー。日本語で言ってーー」


********************


(以下、ポケモン図鑑風?に解説)

まだまだポケモンと話ができる程仲良くなってないようじゃな。
ポケモンマスターの道は長いぞ。
頑張れサトシ君!頑張れピッピ!

続く、続くったら、続く。


posted by ケイロンの中の人 at 13:33| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クリスティナさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

ケイロン、半ギレする。

ケイロンは毎朝ルノ君を車で保育園に送っていきます。
以前はクリスティナさんが自転車で送っていってたんですが、モネちゃんが産まれる前からケイロンのお仕事となりました。

で今日は、その保育園へ送って行った時の話。


靴置き場に到着したケイロンとルノ君。
ルノ君は上靴へと履き替え、ケイロンはそれを待っていたのですが。
そこにルノ君とは違うクラスの見知らぬ男の子が登場。

男の子「おばちゃーん」

(^^?

続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 00:50| 岐阜 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ケイロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

モネちゃん、レベルアップする。

最近ルノ君はちょっとずつ「嫌いな食べ物」ができてきました。

もともと何でも食べる子だったはずなのに「○○嫌い」とか言ったりします。
ほとんどの場合が見た目だけで文字通りの"食べず嫌い"なんですが、最近どうやら小さなプチプチとした食感が好きではないらしく、前は大好きだったはずの子持ちシシャモや、子持ちエビが「卵」のせいで嫌いになったようです。

ケイロンは小さい頃給食が嫌いだったんで、子には何でも楽しく食べれるようになって欲しいのですが・・・・・。

さて、今日の本題はモネちゃんの粉ミルク嫌いの話。

続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 00:07| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モネちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

ケイロン、家族の為に戦う。

※この日記は御飯を食べてる時には読まれない方がいいと思われます。
御飯を食べていなくても、この記事を読んで不快な気分になる可能性があります。
誰よりも書いている本人が、その時のことを思い出して不快です(ぇ


ってことで、ヤツに「こんにちは」された話の続きです。

もう自分自身を誤魔化すことはできません。
テントウムシは枝なんかを上っていくと先端の所から飛び立つらしいですが、ヤツは既にプリンタの上に登ってます。まさに離陸準備OKな感じなわけです。


#・・・・・・えと、この時までの記憶ははっきりとあるのですが、
#その後の記憶が断片的にしかないのは何故でしょうか(汗)
#多分、離陸はせずにガタガタ落ちながら奥の方に逃げたんだと思います。。。。


とりあえず気が付いたら、右手に噴射式虫退治武器を握り締めて、聴覚を限界まで研ぎ澄ませていました。
この部屋の中で動く物は自分とヤツしかいません。。。。
静寂の部屋で小さな音に耳をすませます。

静かです・・・。
ヤツも動けば死ぬと気が付いているのかもしれません。
威嚇の為に、潜んでいそうな所へ射撃してみますが、何も音が聞こえません。

どこだ・・・・・どこにいるんだ・・・・・。

その時。
焦るケイロンの耳が小さな音をキャッチしました。

ガサっ。
プシューーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!!!

その1撃でヤツは息絶えたはずなのに、ケイロンは我を忘れて何度も攻撃を繰り返します。

そして時は経ち・・・・・・やがて部屋は沈黙を取り戻しました。
後に残されたのは、勝者の喜びに浸ることのできないケイロンと、本棚の後ろで息絶えているであろうヤツ。


そう試合、いや死合はまだ終わっていないのです・・・・。

「遠足は家に帰るまでが遠足です」な続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 12:53| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケイロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ケイロン、「コンニチハ」される。

※この日記は御飯を食べてる時には読まれない方がいいと思われます。
御飯を食べていなくても、この記事を読んで不快な気分になる可能性があります。
少なくとも自分は、前回の日記で不快になりました(ぇ



ケイロンが小学生の頃、クラスで壁新聞を作ろうってな企画がありました。
その壁新聞は数名の班ごとに毎週交代で作ってたんだと思うんですが。
自分は「新聞」ということを意識してか、その当時話題になっていた、リアルタイムなネタを書いてみました。
そのタイトルが

『ゴ××リベイビー、現る!』

動物園に新しいゾウの赤ちゃんが産まれましたよろしく、教室内で誕生したヤツの赤ちゃんについての記事を書いたわけです。

・・・・・なんでこんな内容なんかセレクトしたんだろう、ほんと(−−;
#そして何でいまだに覚えてるんだろう(−−;;;


さて、そんな過去の話は置いといて、話は現代へ。
夜中に水を飲もうと蛇口をひねってた時、近く虫が動いているのを見つけました。

!!!!!!

が、ビックリはしたものの、ヤツより若干小振りな感じでした。(ただ成体になっていなかっただけかもしれませんが)
ちなみにケイロンは、ヤツ以外の虫は比較的なんでも大丈夫です。家に紛れ込んできた昆虫なんかは大体ティッシュなんかで包んで、殺さずにそのまま外へ逃がしてやるのですが。(さすがに蚊は問答無用で殺しますが)

が。
ヤツ似の小振り君は、例えヤツでなかったとしても、流石にティッシュで包む気にはなれません。。。。というかもう想像しただけでガクガクブルブルです。。。
ので、TVを見ていたクリスティナさんを呼びに。。。

・・・・・・・目を離した隙に消えてました。


続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 00:27| 岐阜 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ケイロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

クリスティナさん、ヤツに驚く。

※この日記は御飯を食べてる時には読まれない方がいいと思われます。
御飯を食べていなくても、この記事を読んで不快な気分になる可能性があります。



ケイロンには苦手な物があります。

例えば、人参。小さい頃はあの甘苦い感じが苦手で嫌いだったんですが、今では好きという訳ではないものの、普通に食べれます。
けれど納豆は無理、食べる物ではありません(いいきり)
が、しかし。
例えば納豆が顔についたら、(非常に嫌ですが)普通に洗い流して終わります。
本当に食べる物がなければ(もしかしたら)あの悪臭も味も我慢して食べてしまうかもしれません。そういう意味では「嫌い度」が低いのかも?

で、本題。
ケイロンには、嫌い度MAXな、そのモノの名前を書くのも嫌なものががあります。。。。。あの黒くて早くて空も飛べるはずな、例のヤツです。
だいの大人の男がという感じですが、これだけはクリスティナさんにも公言する苦手さです。

今日の話は、確か5年前ぐらいの、そんな”ヤツ”の話。
ルノ君が産まれるよりも前だったと思います・・・・。

続きを読む
posted by ケイロンの中の人 at 01:15| 岐阜 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | クリスティナさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

ルノ君、飲む。

出張で夜遅くに帰ってきたケイロンとーちゃん。
今夜のルノ君の様子をクリスティナさんに聞いてみると。


*******

夜御飯の最中。

ルノ「レモンティー飲みたい」
クリスティナ「ないよ」

ルノ「ミルクティー飲みたい」
クリスティナ「ないよ。というか、ご飯中にジュースはダメ」

ルノ「じゃあお茶ある?」
クリスティナ「あるよ」

ルノ「じゃあ


*******

シュールだ(笑)

posted by ケイロンの中の人 at 00:22| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ルノ君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。